スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安い


携帯電話を机の上に置き、ずっと眺めていることがある。
時間にすれば、五分が長く、一時間が短い時もあっただろう。
返って来ると思う返事を保証もない状態で待ち続けている。

けれど大抵は携帯電話に背を向け、寒さを和らげてくれる熱の方を向いて居る。
僅かな熱風に煽られて、煙草の煙があちらこちらへと散って行く。
後ろから鳴るはずの着信音を気にしないフリをしながら煙の行方を追っていた。

こうして不安になり不満になるのは、相手を信じきれない自分の所為だろうか。
そんなことを考えて二本目の煙草に火を点ける。
そうではない、こうでもないと思い巡らしながら返事を待っている。

時々、自分が酷く馬鹿に思える。
きっと成長していないのだろうと思いながらも、そんなことはないとも思ってしまう。
堂々廻りを飽きもせずに繰り返し、出る答えもあったりなかったり。

まぁいいかと寝るまで、はぁ返事がないと沈むまで。
いつも似たような毎日をいつも似たような考えで過ごしている。
今日もきっと同じ浮き沈みの中で、明日もきっと同じことを思うのだろう。

そんな湯に浸かっているような緩慢な時間は過ぎていく。
まどろんだ思考を止めたのは、欲しかった着信音。
緩やかだった時間が急に元の速度に戻り、停滞していた感情もまた元に戻る。

携帯電話を手にとり、第一声を発するまでの間に。
気持ちも時間も何もかもが高まっていく。
安い男だと自嘲する時間がこの後に来ると解っているのに。

今日も携帯電話を机の上に置いている。


スポンサーサイト

迷い人(仮題)の続き

迷い人(仮題)の続きです。
続きを追記に置いときます。

では、宜しければドゾ。

題名をまだ決めていないけど、なんか書いてみた

さて、予告編でちらちらと書いていたものが、ある程度形になったので、アップしてみる。
というか、予告編の設定が出てくるとは限らないんですがね^^;
まぁ、最近よくある異世界物になるのかなぁ・・・
なんか、フラッと書いただけなんで、プロットすらない状態です。
ふと思いついた脳内設定を文にしてみたので、まあ、面白そうだっていうなら、
拍手を押したり、コメントくださいな。
なんも無ければ、今日の分と後ちょっと足して、短編と言う形で終了します。
いや、間違いなくそうなりそうですけど・・・
まま、そんなわけで、どうぞ読んでみてください。

追記にありますので、ドゾドゾ。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。