スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路地から


家の脇の路地

歩いていても気にもとめない

走っていれば見ることもない

車に乗っていれば気がつかない

狭い路地裏


だけども


ここは散歩の通り道

かつての散歩の通り道

今は近所の通り道

今日も早く早くと叫んでる

ここは犬の散歩道


スポンサーサイト

最近飲みが足りない


同じことを何度も繰り返す酔いのうち

視界は定まらず思考も千切れ気味だ

朧な記憶を頼りに言葉を発し

それはもう聞いたと呆れられる

あれ?そうだったかっと笑って応え

朧な記憶を頼りに言葉を発する

溜息と苦笑いを繰り返して

同じような夜が何度も過ぎ去っていく


偶にこうして飲んでいて

偶にこうして戯れている

耳に残る声の跡は

枕に染み付いた匂いに似ている

飛んでいく思考に目を閉じ笑い

気がつけば何時も次の日の朝になっている



上から下から


震えながらも少しだけ

青白い空の下では大気すら白く見えてしまう

トボトボと歩いていたはずが駆け足となり猛ダッシュ

息が切れることも忘れて暴れだしそうな胸の内を吐き出していた


春が近づいて来ていても冬はまだ終わっていない

欠かすことのできないストーブの熱は止む事のない病気のようだ

変わっていく様を理解しながら変わらない様に納得している


誓った言葉や想いに嘘はない

誤りはあったかも知れないと思う程度には悩む時もある

進展も発展もしない状況に飽きもすれば嘆きもする


止まってしまった時計は電池を換えればいいだろう

止めてしまった時計はきっと捨てることすら忘れている

手の熱で少しだけ暖めると少しだけ動き出す時計のように

震えながらも少しだけ

こんにちは

その日は雨、生憎の雨。
朝から、いや、朝というには遅すぎる時間。
ゆったり過ぎるほどに惰眠を貪り、起き掛けの煙草がないと眉を顰める。

髭は不精、髪は跳ねて、とてもじゃないが近所に姿を晒せない。
偏頭痛がする中で、痛みを止める煙草がない。
洗面所の鏡の前で櫛で髪だけまとめていく。
欠伸をすれば、乾いた唇が切れ、目を擦ればやにが取れる。

財布から千円だけ抜き取って、玄関の戸をあけ。
煙草を買いに外へ出た。


さらさらと言う擬音が似合いそうな雨。
庭の隅に残った雪は、薄汚れて見る影もない。
その、濁った感じそのままの空を見上げて、まぁこんな日もあるなと歩き出した。

家から煙草屋までは、徒歩一分。
生憎とタスポなんて持ってない。
俺が生まれる前からある店の中、だが欲しい煙草は仕入れてない。

知ってもいるし、解ってもいる。
けれど、わざわざ買いに行くのが面倒な時もある。
ジャンクフードが食いたくなる時のように、気ままに店に入っていった。

「ごめんくださぁい」

まだ起き掛けの残りカスでもあったのだろうか。
多重音声のように、自分の声がぶれている。
発した声に僅かながら不快な気分になりながらも、
近所付き合いのある店のおっさんが出てくればそういう顔も出来ない。

久しぶりだね、との会話から最近どうだこうだと話をする。
まだ、アレ仕入れてないんですかとチクリと刺しても、笑われるだけでは意味もない。

この村でそれを吸うのが俺だけなんだなと思ってはいても、仕入れてくれよとまではごり押しできない。
愛想笑いに、苦笑い、適当に度数の高いロングを三つ選び。
また来ますね、と店を出た。


擬音の似合う空模様は、たった五分ほどの時間で晴れ間が見える。
変わりやすい天気であっても、すでにそのことに興味はもてない。
店を出てすぐに封を切り、手持ちのライターで火を点ける。

深く吸い込み、吐き出す。

靄が掛かったかのような頭のままだが、割と気分は良かった。


家までのほんの僅か道。
その道の向こうから、子供が3人走ってくる。
俺が寝ている間にも雨は降っていてたのだろう。
そこらじゅうに水溜りが出来ていた。

バシャバシャと分り易い音と、早く来いよ、おいてくぞっと声が聞こえる。
目を凝らさずとも、走ってくる3人が見え、何処の子かなぁっとぼんやり思っていた。

「こんにちはっ」

「あっこんにちは」

すれ違う瞬間に、子供の一人から声をかけられた。
反射的に同じ言葉をただ返す。

走り去る子供達の背中を振り返って見る。
ただ言われたのは、こんにちは。
挨拶のはずなのに妙に嬉しい。

良いもんだ。悪くない。

家までの短い道で、朝からの自業自得な不機嫌さも、たった一言ですっきりした。





バトンを貰ってきましたよっと

と、言う事で恵以子さん宅から貰ってきたバトンを早速やってみた。

そして難しい。
なにが難しいかというと例えですよ例え。
なにかに例えたりするのは、簡単なようでメンドイ。

後は、素の自分のことを書くことですかね。
いや、自分だけのことだったら割と簡単なんですが・・・。
自分以外の誰かが関わると苦手分野になってしまう。

そんな感じでヨレヨレしながら書いてみましたー。

あーバトンて難しいっ!!
と思うようになった結果は追記にあります。
流し読みが吉。じっくり見ると・・・いや、まぁいいや^^


ではでは。


コメントと拍手の返信です


皆さん、こんばんは。
寒さも落ち着きを見せ、そろそろ春かなぁなんて思います。
頭だけは幾つになっても、季節関係なく春なんですけどねー。

さて、珈琲の飲みすぎで少し腹が痛いのですが、それはともかく日記を書こうと頑張り中。
そもそも、書く内容のない日記を、無理やり書こうとするのが厳しい。
分ってはいるんですが、しかし、書きたい。
変に見栄っ張りなところが、こういうときに足を引っ張ってる感じです。

この時期になると、朝起きたときとかに目が痒い。
鼻は言うまでもなく、風邪みたいな気持ちの悪さもでる。
花粉という大敵が私を苛めてくれます。
鼻紙でゴミ箱が埋まるぐらい、かみ過ぎて鼻が赤くなるぐらい、嫌な時期です。

おかげで、目は常に充血して、鼻は真っ赤。
ハウスダストの所為にして掃除をしても、まぁ花粉なので関係なし。
結局、苛々を溜め込む日々ということでした。

そんな3月ですが、まぁ、のんびり、じっくり、春を待つとします。
私の住んでいるところは、生憎とまだ冬です。


では、また明日?

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。