スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手コメントの返信です



皆さん、こんばんは。

雪が止みませんねぇ…、私の地方でもこれは珍しい天候です。
一週間ぐらい降った後には、一週間のお休みがある。
そんな波を繰り返すってのが定番だったのですが、どうも可笑しい。
こんなに継続的に降り続けるっていうのは、20年ぐらい前に戻った感じです。
なんだか妙に子供自体にカマクラや雪ダルマ、滑り台なんかを雪で作れていた時を思い出します。

そんなわけで雪慣れしていない世代が増えたせいか、車の運転はやきもきします^^;
むしろイライラしているんだと思いますが、まぁ仕方ない。
雪で道が狭まっているのに真ん中を勢いよく走る車とか……えぇ、まぁ、仕方ない。

余計なところで疲れを増さないように、我慢という言葉をよくよくかみ締めたいと思います。


ではでは、また明日?


スポンサーサイト

嵌ることもある



嵌って動かず、雪の上でもがくだけ

未だ薄暗く朝日は雲に隠れて見えてはこない

視界を覆うぼた雪の雨の中

汗をかくまで雪を掘る


エンジンよ焼付けとばかりに踏む

苛立つ気持ちを込めてアクセルを踏む

踏んだところで進むはずも退くはずもなく

ただ深みに嵌っていくだけ


遠くで電車の音が鳴り

遅刻が決まりやる気も失せる

理由にもならない理由を胸に

ため息吐いて会社へと向かう


目の下の隈が厚くなり

無駄に朝から疲れも増した

輪を掛けて重くなった帰りのため息

駅に着いても電車は来ない


心身ともに重くなり

風呂に入るのも億劫になる

家に着いてみれば何時もより一時間遅く

明日も朝から面倒だろうと

ため息をつきっぱなしの一日が終わった


1/21の日記


皆さん、こんばんはー。
体が重くて、平日が嫌いになりそうなmkです。

あれですね、電車…これが一番疲れる。
何故だか、関東のほうの電車だと立っていても疲れにくいのですが、
地元の電車に乗っていると、座っているのにも関わらず、非常に疲れる。

何故だろう?
と考えてみたのですが、全くわからない。
不思議なことです^^;

今現在は、座りっぱなしの作業なので、腰にきて、細かな文字や画面を見るので、目に来る。
で、電車に乗っているときは行きも帰りも寝ている。
行きは寝たふりが多く、帰りは寝てしまう場合が多い。
それで目は多少の回復をするのですが、腰だけは悪化するという毎日です。

電車の発進、停車時に、妙な力が入って、変な踏ん張り方をしているのかなぁっとも思っていますが、
体が重くなったり、疲労感が増したり、電車は嫌だなぁっと感じる日々でございます^^;

何より雪で遅れるのがキツイ

そんなこんなの日記でした。



では、また明日??


拍手コメントとコメントの返信です


皆さん、こんばんは。
日本海側は雪真っ盛り、私の所で大体30~40cmぐらい積もってます。

寒い上に雪、電車が止まる、行きに遅れて、帰りも遅れる。
朝起きてから、帰るまでを自分の楽しみに使えないとするならば、
大体14時間前後は、拘束されていることになります…。

冬なんて面倒です。

と、すでに明日が嫌になってきてますが、まぁ仕方ないですね。
なけなしのやる気と体力を振り絞って乗り切っていこうと思います^^;

では、追記に返信があります^^


自分乾杯



誰かに祝われる誕生日、一人で過ごす誕生日、何もない誕生日。

どれであってもきっと満足する。

今年はそんな誕生日。

鳴ることの少ない今日という日に、携帯が鳴る。

詰まっていた仕事もすんなりと終わる。

今年はそんな誕生日。


仕事の疲れか、電車に揺られ、窓に映った自分を見れば目の下の隈が厚くなっている。

それでもどこか気持ちよく、それでもどこか疲れを忘れている。

ちょっとした変化、小さな変化、何が違うのかはわからない。

けれど今日は嬉しくなる。

けれど今日は楽しくなる。

例年にない祝いたい気持ちが溢れ、飲むビールも、家族での夕飯も、

いつになく幸せを感じた。


「おめでとう」と言う言葉に、「ありがとう」と返す。

穿った見方をすることなく、皮肉や煩わしさを感じることもなく。

素直にありがとうと返せる。

そんな気持ちになる日。

そんな気持ちになれた日。

自分乾杯。

みんなにありがとう。

別に祝っていない人にさえ、「今日俺誕生日なんだ」

なんて言いたくなる、珍しい気分の珍しい誕生日を過ごしている。





暇な休日


綿景色のようにぼた雪が落ちる。
風が吹かぬ天候では、ゆっくりと重みを感じさせ。
風が吹く天候では、重さを感じさせぬ綿のように。
そんな一日で、そんな一日に偶に外を見ていただけの休日だった。

布団から這い出してみれば、雪が降っているためか寒い。
その寒さゆえに、目はよく覚め、よく寝たせいか気分もいい。

そんな昼過ぎに起きたとき、昨日の夜に「明日の午前中に定期を買いに行こう」
などと笑って話していたことは、当然のように出来なくなっていた。
財布を預かる母はすでに出かけていて家に居らず、
昼時の素人の歌番組をコタツに入ったままラーメンを啜る父が見て居るだけ。

ちらりとこちらに目をやり、「起きたか」と呟いて目線はまたTVに戻る。
返事もせず、唸るように「ん」っと答えたのは私。

食器棚から珈琲用のカップを取り出し、昼飯を飛ばして珈琲を飲む。
少し大きめの音量がTVから聞こえ、寝起きに煩いと感じつつも音量を下げる気にはならなかった。

昼食を終えた父が一息いれ、珈琲の二杯目を飲み始めた私。
どちらからでもなく、「やるか」という雰囲気となり、前日から頼まれていた父の仕事を手伝うことにした。

どれだけ手を掛けたとしても、後で見直して見れば修正をするのが常というもの。
一時間も掛からず終わった資料作成も、その後、二度、三度と手直しをする。
そのたびに二階に居る私の携帯がなり、取り、聞き、下へと降りる。

「疲れるな」と父に零し、なんども呼ぶのはやめろと言う。
纏まった時間の取れない休日は、体を休めているはずなのに酷く無駄に思えてくる。

すでに20時となり、今日はあともう僅かの時間しかない。
三連休も残り一日であることの実感が内から沸きあがり、疲労感と虚脱感を強く感じる。

何が足りないのか、何をしたら満足するのか。
いまいち自身でも把握できない感情にいちいち振り回されてばかりいる。
スカイプのメッセージ着信が鳴ると、どこかホッとしたような気になり。
携帯の着信が友人だと楽になったような気になる。

「ただ暇なだけか」

そう理解していたとしても、私という人間はそれで納得できるということはなかった。





1/8日の日記


皆さん、こんにちは。
いやいや、慣れないことをし始めたので、とても疲れます。

さてと、今年に入り新たに仕事を始めた私です。
これがまた大変で(以下略

ということで、平日にはブログの更新を書くのが厳しかったです^^;
正月の間は間で、飲みすぎ注意の何時も通りの展開で動けず……。
そんなこんなで間が空いてしまいましたが、またのんびりとやって行こうかと思います。


ではでは、また明日??


1/1の日記

皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年度はつたないブログながら、見ていただき、ありがとうございました。
本年もまた、よろしくお願いいたします。

と取り急ぎ、ご挨拶まで^^


ではでは、また明日??


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。