スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



休憩中に雨が降りだしてきていた。

ついさっきまでの晴れた空模様は、黒ずんだ雲に覆われている。
ポツリポツリと降りだした雨を避けるために倉庫内へと引きこもった。
数分も経ってみれば、雨音以外は聞こえないような土砂降りになっている。

蝉の声を聞く時期、耳を澄まさなくても、声を潜めなくても、しっかりと響く夏の音。
けれど今は雨音で聞こえない。

目の前の道路上を雨水が縫うように流れていっている。
ちょうど傾斜になっている倉庫内から見ていると、まるで川のようにも思える。
少し上げた視界の先は、降り落ちる雨で靄が掛かったようになり、下を見れば川。
上を見上げて見れば滝の中に居るような気になる。

などという感想を思いついたが、

「滝の中に入ったことはなかったなぁ」

とぼんやりと降る雨を見ながら呟いた。


仕事が終わり、何時の間にか雨はあがっていた。

雨降りといえどもそこは夏。
冷房などという快適な装備のない倉庫内での作業。
予定通りに汗ばんでいる。
土砂降りを直に浴びたようなびしょ濡れ具合は、作業中は気にならなくても、
こうして帰宅間近になると肌に張り付き気持ちが悪い。

夏の雨上がり特有の妙な風の匂いと生暖かさ。
それでも濡れて冷えたシャツに風が当たると少しだけ気持ちがいい。
だけども車の座席に座れば、やはりというか下着濡れている所為で気持ちが悪かった。

ゆったりとした帰り道。
フロントガラス越しに見かける奇妙な雲。
黒ずんでいるような、透き通っているような雲。
陽の光に照らされてなんとも言い難い景色になっている。

「また明日」

ふとため息交じりに呟いた言葉は。
なんとなく明日に、なんとなく明日を、願ってみているようだった。




スポンサーサイト



静かに時間が過ぎ時計の針の音だけが部屋に響いている

目を閉じて息を吐き少し止めてまた吐き出す

慌しさの後には多くの後悔と未練だけが残った

どこか知らない土地で回りも知らない人だけ

そんな街を一人きりで買い物しているような寂しさを感じ

手を伸ばせば届くような気がしていただけの

いつまでも未熟な自分が傍を通り過ぎていく

時計に手を伸ばし針すら止めて

被りなれたなにかをまた被り

それでもまだ捨てきれないものを待ち続けている



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。