HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

今日は晴れていた 4/16日の日記と短編のようなナニカと個人的お礼




降り続ける雨模様の空

重さで落ちて来そうな空

雨音だけが聞こえる場所で

ガラス越しに空を見る

日を吸い込み

膨れ上がった雲

色を飲み込み

黒ずんだ空

そこでは雨が降っていた



――― 「使い捨て傘」 ―――



今日は朝から雨が降っている。
止む気配はなく、天気予報も太鼓判を押してくれた。
車に常備してあるとばかりに勘違いしていた私は、
背広を濡らしながら駐車場から走り始めた。

息切れ、口から鼻から酸素を求める。
運動不足を象徴するかのような体力のなさに、自分で自分が悲しくなる。
ワイシャツまで濡れて、随分と気持ちが悪い。
社の入り口の右奥にある、自販機にて何時もの珈琲を買う。
その足でエレベーターに乗り、三階の自分のフロアへと向かう。

びしょ濡れで出社したのは、私のほかにもそれなりに居た事は居たが、
やはり、周囲の視線は避けられない。
天気予報を見ないのかと遠まわしではなく、直接気味な視線を感じる。
私自身、間の抜けた事をしたと反省のし通しだ。

濡れた背広を椅子にかけ、缶コーヒーを手に喫煙室へと向かう。
ズボンまで濡れているために、非常に気持ちが悪い。
左手で軽くパタパタと摘みながら叩いて見るが、
さらに太ももに直接湿り気を感じる結果となった。

一日の勤務時間も終わろうとしている。
まだ、雨は止まない。
昼は食堂で食べたために、傘を買っていない。
当然、売店も即売り切れだ。

仕方がないと諦め半分、覚悟も半分。
駐車場までの全国記録を塗り替えようと屈伸を始める。
社の入り口にて、そんな行動をし始めた私に対しての、同僚達の視線は気にしない。
気にしてはいけない。


「良し!」


小さな掛け声一つ
自動ドアを合図に
私は
雨降る場所に
走り出した






今日の日記は追記に。


さて、日記です。
4/16日の日記です。

とりあえず、言うことはCOCOさんバトン面白かったです^^
見させていただいたのも、楽しめましたし、
バトンを渡してくれるCOCOさんに感謝。

でした。

あとは、そうですね。
今回の短編?は、晴れの日に雨の日を考えてみよう。
っと何故か思った。
というところから来ています。
携帯で写真を撮ったときに、見た空が雨が降りそうな色合いに見えた、
っと言うこともあります。

そして、まぁ、一応写真もアップできると分ったので・・・良かったです^^
遅い!とかいう声は聞こえません。
そのうち、顔を出すぞ!っと4/1は過ぎたのに言ってみる・・・
もちろん、冗談です。

では、また明日?


この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/103-376a252a

コメント

「雨」の風景、家の中から眺めた風景なのに。
細かいところまで、見えていると感じました。
雨の日は、雨の降るさまを見てぼーっとしています。

「使い捨て傘」
こういう記事は好きです。
細かな描写、最後のシメ方と。
すいっと読み進めました。
上手い、ですよね。
話の進め方が。また、読みにきますね(^^)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。