HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

起きたら昼過ぎだった



――― 「時に凝る」 ―――



目が覚めたとき、頭の痛みは消え多少の倦怠感を感じていた。
ベッドからゆっくりと起き、カーテンを開け、窓を開ける。
目に入る暖かな日差しと少し肌寒い風が、更に目覚めを促す。

階下からは、いい匂いが鼻腔をくすぐり、昨日は殆どなにも食べなかったが、
今日はやけに食欲をそそる。
靴下を履き、服は寝巻きのまま、下へと降りていった。


トントントントン。
程よいリズムで、葱を刻む。
火にかけた鍋の中には、既製品のラーメンが茹ってきている。
朝だと思って降りて来てみれば、既に昼の二時過ぎ。
遅いと怒られつつ、私は素知らぬ顔で自身の食を作る。

葱を大量に刻みそのまま鍋に入れる。
鶏がらスープと塩少々、醤油少々。
大蒜も少し入れる。
冷蔵庫にあった、昨日茹でたほうれん草も鍋に入れる。

別のコンロにて作っておいた炒り卵。
軽く胡椒を振り、再度加熱する。

ラーメンの器には、元々の調味料が入れたある。
程よく茹であがったラーメンを、器に入れ、箸で麺を何度も整える。
コンロの火を止め、炒り卵を上に載せ完成。
ではなく、海苔を鋏で切って上に撒いていく。


今日の昼飯は、ラーメン適当風味。







全く違うものを書こうとして、何故だかこんな話になった。
ラーメンは美味しかったです。
……自画自賛ではないよ。

この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/146-6a2fc550

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。