HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記とかそんなモノ

5/14の日記+あるふぁ


皆さん、こんばんは。

下記の記事を書いている時に、日記を書くつもりが何時の間にやら私信になったので、
こちらが今日の日記になります。

といっても例によって書くことも無いので、困っている訳ですが。
追記になにか書くことにしましょう。

ということで、興味のある方は追記へドゾ。






皮肉めいた笑い声が聞こえる。

テレビに向かって嗤っている。

嗤っているのは、自分自身。

目に見える映像は、崩れた壁、壊れた家、人の泣き声。



――― 「わらう」 ―――



映る全てが可笑しい。
何がおかしいのかは分らない。

映る向こうの人達に対する個人的な感情だろうか。
この時期に起きたことに対する哀れみだろうか。

父の世代では、幼年時の教育上、感情面もあるだろうが、
私は何故嗤っているのだろう。

私もかつては同じ立場になっていた。
痛みも苦しみも体験した現実だ。
でも、嗤っている。

面白いから嗤っているのではない。
馬鹿馬鹿しいと切り捨ててもいない。
自分に関係ないとも思ってはいない、いや、思えない。
でも、嗤っている。


夕食の間

流れるニュース

わらい 声は

続いている









色々と言いたいことがあるんですが、
少しでも届くといいと思います。
最近まで、メッセージ色皆無なものばかり書いていたので、
少し、気持ちを込めて見ました。





この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/149-dc865e90

コメント

こんばんは。
笑う、嗤う・・・・。
可笑しいから、わらうわけじゃない、という気持ちは
上手く表現できないのだけど。
わかります。
ちょっと考えてみて・・・。
他人事ではない、映像の世界の出来事。
だけど、今自分はこうして、この場所に
いることしかできない。
何かできることはあるのだろうけど、
まだ、その方向性が見えてない状態。
また、映像を流している者への、
苛立ちと諦めと。
複雑な感情が入り混じった、嗤い、に感じます。

中国四川省のニュースには、
胸が痛みます。だけど、支援物資は、ちゃんと届いているのだろうか、
という中国政府や役人への不信感は拭いきれないです。
被災地の方々の不自由な生活を想像することしかできないのだけど。
わたしたちが出来ることから(募金など)したいですね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。