HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

瞼を閉じると色がつく


――― 「何もない」 ―――



ひっそりとした夜、一人暗い部屋にいる。
布団を頭まで被り、横になっている。
眠いようで眠くない。
寝なくてはいけないのに寝れない。

目を閉じる。
見えるのは、瞼の裏の世界。
チカチカと赤や青の光が点いては消え、消えては点く。
その光は複雑に動き、追えば何故か奥に飛んで逃げていく。
実際は、眼球の動きに合わせているのかも知れないが、よくは分からない。
蛍のように、不規則に揺れる光。
何時も寝る時は、追いかけている。

やがて、それらの光景も無くなり、自分の呼吸音が聞こえてくる。
頭まで被った布団の所為か、呼吸は次第に荒々しくなる。
布団から顔を出し、一つ大きく深呼吸をする。

静かになる、いや、静かになった気がするだけだろうか。
落ち着いた呼吸音。
次に聞こえるのは、心臓の音であり流れる血の音。
腕を枕にした所為か、ドクドクと自分が聞こえる。
妙に心地の良いリズムにも聞こえるし、やけに耳障りにも聞こえる。
聞こえる音に神経を集中させる。
寝返りをうった直後は早い音。
少し時間を置けば落ち着いてくるのが分る。
自分の体が透けて見えるような感覚の中。
まどろむ自分を実感していた。


また、赤と青の光が見える。
点いては消え、消えては点く。
目を開ければ暗闇。
閉じた今も暗闇。
しかし、光は瞬いている。


逆側に寝転がり、また布団を被る。
次第に何もなくなってゆく。


一瞬、違うところに意識がいくのが分る。
ハッとして、意識を戻す。
そのままでいれば寝れたのにと、思わず眉が寄る。

明日のこと、今日のこと、昨日のこと。
家族のこと、友人のこと、恋人のこと。
テレビのニュース、好きなゲーム、ありえない妄想。

色々なこと、様々なこと。
浮んでは消えていく。
気持ちは上がり下がり、行ったり来たり。
あれ?俺寝てるのかな。


そう思った時は眠っていたのかもしれない。

この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/157-4b22989e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。