HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

それだけのこと


追記にあります。

それだけのことを書いてみました。

ええ、それだけのことです^^


では、ドゾ、ドゾ。




朝の五時、緊張からか目が覚める。
昨日は中々寝付けず、実質三時間ほどしか寝ていない。
体は重さを感じるが、妙に頭はクリアな気がする。

ベッドから降り、カーテンを開ける。
鳥の声が聞こえ、日が昇りつつある外の景色。
目に入る日差しが、より目を覚ましていった。



――― 「それだけのこと」 ―――



朝ご飯を食べるにはまだ早い。
階下に降りて、新聞を取る。
顔を洗い、歯を磨く。
水の冷たさが、さらに目を覚ましていく。
鏡を睨みつける自分自身を見ながら、大きく息を吸い、吐く。

時間は、まだ六時にもなっていない。
天気予報すら流れない時間であり、未だ家族は起きてこない。
一度、部屋に戻り財布を手に取る。
中から三百円だけ取り、煙草を買いに家を出た。

玄関を開け、外に出てみれば、薄っすらと靄が掛かったような景色だ。
日差しが明るくなり始めているのに、白さを感じる景色は、
どこか静けさと孤独を感じる。
少し、肌寒い風が吹く中、自販機へと足を向けた。

購入した煙草をその場で開け、火を点ける。
朝の澄んだ空気が濁っていく。
体の中から、ありとあらゆる物を吐き出すように、白い煙が空に溶けていった。


家に戻り、部屋の中から卸し立てのスーツのビニールを取り始める。
同じくノリのついたワイシャツ、固めたネクタイ。
洗ったばかりの靴下も忘れない。

鞄の中の書類と、ノートに筆記用具。
抜けが無いかを今一度チェックする。

準備に抜けが無いことを確認しても不安はある。
自分自身の臆病さと、なれない事への緊張感。
昨日から、いや正確には、決まってからの一週間。
何度、同じ事をしているのか。


時計を見れば、六時を廻っている。
そろそろ、家族が起きる時間だ。
自室に掛けたスーツを、もう一度じっくりと眺め。
朝食の為に下へ降りていった。

朝食の間、家族は気を使ってくれたのだろう。
一切、私のことは話題にならなかった。
何時もと違い、多少静かな朝ご飯を食べながら、より緊張が増していった。

朝のニュースを食後のお茶を飲みながら見ている。
目に入るようで、耳に聞こえているようで、それは一つの景色でしかなかった。
二杯目のお茶を貰いつつ、同時に煙草に火を点ける。
時間は、まだ七時になったばかりだった。

時間までは、後、三時間もある。
家からは電車で行くとしても、二時間以上の空き時間がある。
早く起きすぎたことを、若干後悔しつつ、この時間を有効に使うべきと思い直す。

何度も何度も見た資料を、またも見る。
この質問がきたらこう、こう質問されたらこうっと頭の中で繰り返す。
高鳴り続ける心臓を押さえつけるように、繰り返し繰り返す。
時間が八時になる頃に、煙草に火を点け、着替えを始めた。


全身を映す鏡に映った自分自身を、穴が開くほどに見直す。
服の汚れが無いか、髪の乱れは無いか、丹念にチェックする。
家族にも見てもらい、どこかに乱れが無いかを確認していく。

大きく息を吐き、鞄を手に持つ。

「行って来ます」

頑張ってとの声、落ち着いてとの声。
家族の声を受けつつ、私は最終面接へと向かって行った。






駅につくまでも、考えることは面接の事。
質問を上手く答えられるかが、何より心配だった。
生来のあがり症ゆえの悩みだが、その場に立てばそれは消えて無くなる。
時間が緊張感を増幅させ、自分で勝手に重りを増やしていく。
それは判っていても、自分では止められないことだった。

駅についた後、構内を見れば同じようにスーツを着ている人が多い。
当然のことなのに、周りから自分がどう思われているのかが、ひどく気に掛かった。
馴染の売店で、今日面接なんだと、笑いながら話す。
そう、頑張ってと言われ、任せてくれと答える。
薄っぺらな自分を見抜かれたようで、気持ちが沈んだが、
他人と会話することで、会話に出すことで、少し気が楽にもなった。

電車に乗り込む。
さすがに出勤時間であり、混んでいる。
吊革に捕まり、自分のこれからを想像する。
面接試験ではなく、その先の自分。
今と同じように、吊革に捕まり眉を寄せ、電車に揺られているのだろうかと。


目的の駅で着く、電車を降りる時に緊張からか膝が笑った。
情けないと思いつつ、気持ちを入れなおし駅を背にした。

面接を受ける会社までは、駅から近い。
歩いて十分ほどだろう。
時計を確認すれば、まだ九時前。
後、一時間も時間がある。
三十分前には、到着して居たいので、あと三十分程どこかで時間を使う必要がある。
駅の前の喫茶店にでも入ろうかと考えていた。


朝の駅。
勿論、多くの人で賑わっている。
耳を澄まさなくても、辺りの人からの声は聞こえる。
駅の階段を下り、駅前の喫茶店へ向かおうとした私の後ろから、その声は聞こえた。

振り返って見れば、お年寄りが4人、階段を降りてくる。
手すりにつかまってはいるが、手には持つには大きすぎる荷物を持ち、
背にも、まるで昔話のような荷物を背負っている。

危ない危ないと、恐らく夫婦であり友人同士の集まりなのであろう。
手すりに掴まらずも降りて来られる男性に、手すりに掴まった一人が荷物を渡している。
フラフラとしながらも、その男性は荷物を受け取り、階段を降りてくる。
私は、何故かその老人達から目を離すことが出来ずにいた。


「荷物持ちますよ」


そう、言ったのは何故だろう。
階段を駆け足で登りなおし、私はそう言っていた。
老人達は、すんなりと私の申し出を受けてくれて、荷物を私は受け取った。
一度、手荷物のみを受け取り、下まで置きに行く。
もう一度、階段を登りなおし、背中の荷物も下へ運ぶ。

意外な運動で、少し汗を掻いた。

「ありがとうな」「助かりました」
「いえいえ、それでは」

その汗も気にならないくらい、私の気持ちは高揚していた。


老人達に手を振りつつ、喫茶店へは向かわずそのまま進む。
目に映っていなかった景色は、明確な色を付け、歩く人の顔がよく見える。
高鳴る鼓動は、朝とは違う。
強く強く、気持ちの変わった自分を意識しながら、面接会場へ向かった。



席に座って自分の番を待つ。

名前を呼ばれる。

席を立ち、ドアをノックする。

「どうぞ」との声。

ドアを開け、一礼する。



「宜しく、お願いします」



自分から出た声には濁りが無い。

体は芯が入ったかのように良く動く。

気持ちは昂ぶっているようでどこか静かだ。

自分の目に力が入っているのを感じる。


―――受かる


そう、思った。



この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/160-0713f7df

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。