HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

今日は、暖かい一日でした

――― 「吸殻」 ―――



日差しの高いお昼時。

ドブの上の塀に腰を降ろす。

工事の音がやけに近くに聞こえる中。

吸い始めた煙草が美味かった。


蜂が仕事をしている。

右へ左へ飛んでいく。

吐き出す煙を意にも介さず。

蜂は仕事をこなしていく。


ドブの中で何かの幼虫が動いていた。

背にした畑から落ちたのか。

背にした畑から捨てられたか。

何かの幼虫は溝の中で動いていた。



哀れに思う

ドブに手を入れることが嫌だった

助けようとも思う

幼虫を触るのが嫌だった



日差しも高いお昼時。

ドブの上の塀に座っている。

工事の音が遠くに聞こえる中。

吸っていた煙草は不味かった。



日が西に傾く頃

ドブを中を覗いてみる

動いていた幼虫は

丸くなっていた








追記にもう一つ




――― 「言霊」 ―――



歩く足音

追いつきたくて

届かない

迷い

悩み

でも

笑う


走る足音

追い越したくて

届かない

思い

願い

だから

笑う


誰かに憧れて 何かを夢見る

たゆまぬ努力と 無為な日常

言葉が足りない

だけど

きっと伝わる



ずっと走っていた

何も見えなくなるまで


誰も要らなかった

誰も居なくなるまで


とどけとどけと木霊する

走れ走れと木霊する


ずっと一人だった

ずっと一人だと思っていた


誰もわからなかった

誰にもわからなかった


とどけとどけと木霊する

歩け歩けと木霊する




いつか届くこれは言霊、誰かに届くこれは言霊








何か書きました ← ここだけ私信です。

この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/161-a67c7e9a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。