HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類とか予告とか

まぁ、予告……になるのかなぁ……


皆さん、深夜2:30にこんばんは。
唐突に頭に浮かんだモノを書き綴ったのです。

しかしながら、眠くなったので書き止めたのです。

つまり、良くわかりません。

なんでしょう?
そう、衝動です衝動。

そんな、なんだか解らないモノを追記において置きます。

では。






乾いた川、剥き出しの岩。
吹く風は熱く、身を心を削り取っていく。

僅かに残る水辺を求めて、多くの生命は彷徨いつづける。

一つの帯のように痩せ衰えた川に沿って、私は歩いている。
あて無き旅路。
ただ生きているだけの生。

それは、よく死と同義だと言われる。

そんなものは、体験した事がない者が言う絵空事だ。
自分に余裕があり、周りを見る物質的にも精神的にもゆとりのある者の吐く戯言だ。

何に憤る事も無く、ただ広い水辺を求めて歩いていく。
頭によぎるものは、水、ただそれだけだ。

埒外も無いことも、昔は考えていた。
他者に恵みを与え、それで自身も満足しようとしていた時も……ある。

今では、今ではそんなことは考えもつかない。

強く風が吹き、纏っている外套が音を立てる。
乾いた唇は少しでも開けば切れて血が出そうだ。
痩せて、力の入りきらない体はフラフラとよろけてしまう。

それでも、先に進まなければならない。

小さな小石すら舞う風の中。
舞い上がる砂風に目を細めながら、私は先へと足を進め始めた。


この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/243-f7550c4e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。