HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>創作「ウチの仔」

「ウチの仔」 序章 第4話 幕間 アップです。

さてと、「ウチの仔」ですが。

そろそろ、序章が終わり、一章が始まるのか、
ここで一旦終了なのか、どうしようかと悩んでいます。

まぁ、気分は天気のようなもの、な私ですから、
どうするのかはそのときの気分で決めるでしょう(笑)



それでは、次回のウチの仔も宜しくお願いします。


PS:読んでくれている方が、先進んでねーぞ!っと石を投げないことを祈ってる。




――― 序章 第4話 幕間 ――― 「名前はまだ無い」 ―――



叔父の知人宅にて、説明を受けることになった。
もらえる筈の子犬が色々、様々、多々、違いがあったことは、
さすがにその場では、おい、違うだろっ等と抗議したりはしない。
父が穏やかに、伺っていたお話と違いがありますねと、掻い摘んで、
ウチの状況を説明していた。
結果判明したことは、親類と叔父の知人とを仲介した人がいるらしい。
その人を介して叔父と知人は連絡を取り合ったとのこと…
聞いていて、そりゃ間違いも起こるだろうと溜息をついたのは内緒だ。

「おい、お前…ウチに来るつもりあるか?」

私の腕にもたれ掛かり、眠たそうにぼんやりとしている子犬に問い掛ける。
答えるはずはないが、なんだか面白い。

「…どうなんだ?、俺と一緒に暮らすか?」

ユサユサと軽く揺さぶると、さらに心地良くなったのか、欠伸をかます。
大物だな~とか可愛いなぁ~とか、頭の中に花が咲き誇る。
もう私の中では、この仔で何の問題もなかった。

「親父、母さん、この仔を貰っていこうよ」

私のこの台詞で、柴犬、雌、生後三ヶ月、名前はまだ無い、はウチに来る事になった。


帰りはウチの車に乗る。
後部座席にダンボールが置いてあり、中には新聞紙が敷いてある。
車に乗りなれていない犬は、吐き気や糞をしてしまうことがあるらしい。
本で調べていたのだが、用意していて良かったと思う。

「母さん、こいつまた吐いた…大丈夫かな?」
「…少し、どこかで休憩したほうが良いみたいねぇ」

帰りの車の中で何度も同じ会話が繰り返される。
貰った子犬は、それはもう物凄く車に酔っていた。

車に乗った当初は、自分を抑える必要も無くなったので、
可愛い可愛いと、抱きしめて、撫でて、キスしてと感情と行動を
爆発させていたのだが、次第に状況は変わってくる。

子犬が車に酔ったようなのだ、それもかなり酷く。
吐いて、吐いて、また吐く、吐く物がなくなっても吐く。
口を拭き、水を含ませた布を咥えさせる。
乳を吸うように、飲んではくれるが、吐き気は無くならない。
さすがに、これ以上は不味いと思ったのか、父が車を路肩に止める。
しばらく遅れて、先導していた親類の車も止まる。

「上山さん、どうしましたか?」

50メートルほど離れた先の車から、叔父が降りてきて問い掛ける。

「ああ、少し子犬が酔ったみたいで、ずっと吐いているんですよ
 これでは、ウチまで持たないんじゃないかと心配でね」

「…そうですか、なら、一旦私の家に寄りませんか?」

父と叔父の話では、まず、この先にある公園でしばらく休憩する。
その後、叔父の家に寄り、また休憩する。
叔父としても、連絡に間違いがあったこともあり、対応が柔らかい。
それに、子犬用の餌を購入してあるらしく、プレゼントしてくれるらしい。
つまり元々寄ってもらう予定だったようだ。

公園で飲み物を購入したり、トイレに入ったり、
軽く散歩させて糞を出させたりした後、親類宅へ向け私達は出発した。



この仔がウチに着くまで、後、2時間程のことである。




前の話へメインへ次の話へ

この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/25-0f43ee15

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。