HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類とか予告とか

…こっそり予告編…でも…嘘かもしれない…





その男は、まるで意思を感じさせない目をしていた。

黒く濁った色をした剣が相手の首筋を捉えている。

怯えた表情をした相手を気にもしていない。

表情のないその男は…

傷つき、死に怯えた相手に…

深く剣を突き刺した。



弦の月もあと三日あまり、町は新緑祭への準備で活気に溢れている。
窮屈で退屈な日々と違い、この時には誰もが開放感に喜んでいる。

祭りに合わせて注文して置いた食材と洋服を取りに向かう。
中央市場にて食材を受け取る、祭り用に少々高くなった値段も気にはならない。
ここ最近の収支は良いほうで、生活も随分と向上している。
洋服を取りに仕立て屋へと向かう、街一番と評判の店だ。
今まで利用したことはなかったけれど、今回の祭りは特別な意味を持っている。

―そう
――私は
―――殉師となるのだから。





この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/34-a4aff409

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。