HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

憂鬱な天気



――― 「日替わり定食」 ―――


重い溜息と強めの疲れ。
軽い呆れと弱めの失望。

何かを思っているわけではなく。
ただ、そんなことを想像する。

悪い方へ悪い方へと。

考えに考えて、寝る前にはどうでも良くなる。
悩みに悩んで、どうにもならないと悟る。

誰かに対しての感情は、単純じゃない。
何かに対しての感情は、簡単じゃない。

なるべく考えないようにすれば、それはどうでも良いような事となり。
なるべく考えて行動しても、それを受け入れて貰えるとは限らない。

悪い方へと悪い方へと。

沈み込む自分を浮かす切欠は、常にどこかにあるのだろう。
沈み込む切欠を作ったのも、常に自分なのかもしれない。

明るくなれる気分の日に、一気に気分が悪くなる。
明るかった気分の日に、一気に気持ちが冷めてくる。

どうでもいいやと投げ打って。
結局いつもの自分となる。

良い方へ良い方へ。

目が覚めたときに目に入る陽の光。
日によって変わる気分。

今日は曇っているけれど、きっと良い日となるだろう。

この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/371-b5c958f0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。