HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

寝る前に浮かんだ詩…


追記に置いときます。

なんだろう、キマシタ。

じんわりとキマシタ。

まずは冬。

どぞ。


――― 題名 ――― 「降雪」 ―――



静かな夜に雪が舞う。

二人で過ごす夜。

息を潜めて手をつなぐ。

目が合って距離が近づいて行く。

二人でいる喜びを知った。



静かな夜に雪が舞う。

一人で過ごす夜。

息を殺して目を閉じる。

心音と雪の積もる音が聞こえる。

一人の寂しさを感じた。



静かな夜に雪が舞う。

誰かと過ごす夜。

息をするのも忘れている。

ただ欲望を満たしていく。

空っぽだった。



静かに夜が過ぎていく。

雪は降りそうにもない。

誰も気がつかない。

あてもなく歩く、歩く、歩く。

独りでただ歩く、歩く、歩く。

凍えそうだった。

白い粒が目に入る。

誰かが其処いる。




雪が降ってきたみたいだ。





この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/39-61556262

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。