HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

短い文章を書いてみよう・・・・・・・・・と思った


追記にあります。

宜しければどうぞご覧ください。

意味は・・・まぁない、きっとない、多分ない。

しかし、詩と文の区別が・・・私にはつかないです。

連作ですが、連続性はありません。

頭の中に浮かんだモノを並べただけです。

こういうのもたまに頭に浮かびます。

では、また。





――― 題名 ――― 「馴染」 ―――


冬の終わり、日は高くなり赤色の空が気持ちを染めていく。

車を駐車場に止め、歩きなれた町を歩く。

すれ違う人、信号待ちの人、ただ居る人。

様々な人に出会う。

足取りも軽く、歩きなれた町を歩く。

二つ目の路地を曲がり、奥へと進んでいく。

古い看板を掲げた定食屋に入る。

久しぶりと挨拶を交わし、飽きもせずにすき焼き定食を頼む。

大盛りかいと聞かれなくとも、大盛りで出てくる。

懐かしい味をしばらくの間、堪能することにした。






――― 題名 ――― 「醤油の匂い」 ―――



本屋の前の自転車の鍵を開け、薄暗くなった道を漕ぎ始める。

錆びている為に聞こえる音が、ペダルを踏み込むたびに聞こえてくる。

人通りの少ない道に響く音は、時間と相まって不気味な音だ。

商店街から町内に戻ってくる。

相変わらず人の気配は無い。

ゆるい坂道を登りつつ、かすかな匂いが鼻をくすぐる。

目に入り過ぎ去っていく家々の明かりの中から、漂う匂い。

自然とペダルを踏み込む力が強くなった。










――― 題名 ――― 「西瓜割り」 ―――


西瓜を叩き割った音がした。

血の色のような赤い汁が飛び散る。

顔に付いたソレを拭い次の西瓜を目指す。

次の西瓜を見つける。

まだ、若い西瓜のようだが、構いやしない。

手にしたモノを振り上げる。

西瓜の割れる音がした。

顔にまたも付いたソレが鬱陶しい。

古びた西瓜を見つけた。

手にしたモノを振りかぶる。

端に掠って転がっていく。

失敗した事で面倒になってくる。

転がる西瓜を追いかける。

掠ったおかげですぐに追いつく。

手にしたモノを振りかぶる。

今度は綺麗に割れた。

西瓜を求めて歩き出す。


西瓜が割りたい。

西瓜が割りたい。

西瓜が割りたい。


西瓜を見つける。

ヨリドリミドリだ。

手にしたモノを振りかぶる。

西瓜の割れる音がした。

もう西瓜を探すことはない。








この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/67-66f71d4f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。