HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>詩+創作

昔を思い出してみよう ケース1



胴を何時もよりきつく閉める。

紐の緩みがないように、数回、紐の端を合わせて張り直す。

手拭を頭に巻きつけ、対戦相手を見る。

開始時間はもうすぐ、一呼吸置いてから面を着ける。

胴よりもきつくきつく紐を締めていく、自分の心臓の音がやけに近くに聴こえる。

落ち着け落ち着けと深呼吸を繰り返す。

小手を嵌め、2、3度握り直す。

呼び声と共に威勢良く返事を返し竹刀を手に取り、開始線へと向かった。



――― 題名 ――― 「試合」 ―――



――互いに礼!

審判の声を聞きつつ、開始線で蹲踞の姿勢をとる。

竹刀の先端が微かに触れ合う。

相手からは目を逸らさない、相手もまた目を逸らさない。


――始め!!


開始の合図と共に、お互いに気合を発する。

前後左右に摺り足で動き、先端を軽く合わせ、弾き、声を発する。

互いに隙を見出し、相手に一撃を加えんとする。

本来ならば、試合場には多くの音がする。

しかし、今は聴こえない、聴こえるものは自分の声、相手の声。

見える物は目の前の相手。

この緊張感、この静寂感、なんと心地良いことだろう。

相手の発する声が一層強さを増した。

――来る

飲み込まれまいと、気合を発する。

相手が僅かに振りかぶる、同時に右に踏み込みつつ空くはずの胴を狙う。

――めぇぃん!! 
――どぉうぉぉだぁぁ!!

瞬間に左側頭部に叩かれた痛みと音を感じる。

僅かに早く相手の胴を薙ぎ、乾いた音と取ったっという思いと共に相手の横をすり抜ける。

残心をしつつ審判の旗を確認する。


旗は挙がる事無く、下で左右に振られる。

その判断は同時だろう、互いに気合を発すると共に踏み込んだ。

相手は再度面、こちらは出小手。

――確実に取った!

確信と共に息を吐き出す。

相手の左脇を抜け、副審の旗が挙がった。

――良し!







――めいぃぃん!

正面に向き直ったときには、主審の旗は相手側の旗が挙がり、試合の終わりを告げていた。







昔、剣道をしていたときの負け試合を文章化してみた。
相手は、結構有名な人で、勝ち目なんてまぁちょっとあったぐらい?
出小手を打った後、取ったと思った油断、副審の旗をみて勝ったと思った思い込み。
それが結局敗因でした。

面を打たれた後は一瞬呆然とした。
そして、友人達に馬鹿にされた・・・そんな思い出です。


この記事のトラックバックURL

http://mknnny.blog10.fc2.com/tb.php/68-e7f5616b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。